CDせどりと趣味性の関係

CDのせどりはまだまだ需要があります。CDを現物で持っていたいという根強い音楽ファンや、アーティストやアイドルの限定盤に弱いファンはまだまだ多く存在しています。

音楽を聴く方法は時代が進むにつれて変化していくもので、今では月額定額のサブスクリプション配信が主流になって久しいですが、音楽配信のラインナップが増えていくにつれて、それまで大事に所有していたCDを手放す人が増えたのか、希少なCDや、それまでの中古価格よりも値下がりした状態で中古店が販売しているケースが多く見られるようになっています。

しかし、市場の価値とファンとの間の需要と供給は必ずしも比例するとは一概には言えません。いくら消費が落ち込んでいる時代といっても、好きなものにはいくらでもお金を掛けたいという層がどの時代にも一定数は存在します。食費や交際費を必要最低限に抑える生活をして、残りを全て趣味に費やすという考え方です。なんでもスマホやパソコンで検索して情報を得られる現代では、趣味のバリエーションも多種多様なものになっており、ニッチなジャンルは特にそれが顕著と言えるでしょう。

CDは安く仕入れられる分、リスクも小さいため、せどり初心者にはお勧めと言えるジャンルかもしれません。ゲームや家電の転売をするには元手が必要になって、せどりを始めること自体に躊躇してしまう人も少なくないと思います。

商品知識こそ必要にはなりますが、高値で売却できるリストを一度準備してしまえばそこまで大変な作業ではないと思います。出回る量や頻度が増えている分、狙い目のジャンルと言えそうです。

ただ、音楽も様々あるため穴場のジャンルを探そうにもどこから手を付けていいのか分からなくなると思います。多少は自分の興味関心が向くものでかつそれなりに流通しているものに的を絞ることが得策と言えます。いくら価値が高くても、安定して仕入れられる内容でなければ意味がありません。

また、これまでのせどりはブックオフやハードオフなどの店舗での仕入れが多く、携帯を片手にポチポチと調べながらCDや書籍をかごに入れていく人も多く見られましたが、現在はネット上の中古CD販売も主流と言えそうです。

ブックオフオンラインや駿河屋の他、amazonや楽天、大型レコードショップであるタワーレコードやHMVにも中古の取り扱いが出ています。地方では下手に店舗を回って交通費をかけるよりも、かえって安価に仕入れできるようになったのではないでしょうか。

消費税も増税になり、ますます家計は大変になっていきますので、ちょっとしたお小遣いの足しや副収入として、ぜひCDのせどりにチャレンジしてみてください。

投稿日:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です